« お引越し♪ | トップページ | いのちのしずく »

ブルーハートメモリーズ(なんのこっちゃ・・・)

人生なにかとブルーになっちゃうことがあるよね・・・

俺は、特に訳もないのにいきなりズドーンと落ち込むことがたまにある。
数日前にもあったけど、今はなんとか持ち直している。
昔から感情の起伏は激しいほうだったが、とある事件をきっかけに心のバランスが崩れてしまったように感じる。
しかし、数年前にヨメと出会い、落ち込みの頻度は少なくなったのもまた事実。
そういう意味でもヨメにはとても感謝している。


ヨメと出会う前はどうやって復活していたのだろう・・・
あ、そうか。酒だ!!(^0^)U☆U(^0^)!!
そして、ある人物にひとり言メールを送りつけてたっけ。
ヘビーな内容の長文メールを彼はちゃんと読んで、ちゃんと返事をくれていた。
うんうん、さぞかし彼も大変だったことだろう└(´0 `)┘

彼とは俺たちの溜まり場焼き鳥吉兆で出会った。
とてもあつかましい奴だった(∩_∩)
だってさぁ、俺たち常連も滅多に飲ませてもらえないような高級な酒を
俺たちが「酒飲み師匠」と崇める先輩からもらっちゃうんだもん。
しかも2杯も!!
俺も遠慮して1杯しかおねだりしないのにね(って、俺もおねだりしてるんじゃん)
でも、それでなければ今の彼との関係は無かった訳だし、今はとても懐かしくて楽しい思い出だな・・・
初対面の男と携帯番号&メアドの交換をしたのは彼が初めてだった。
彼もそうらしいけど。
そして、彼は激しく全否定するが、ヨメとの出会いのきっかけを作ってくれたのも彼だった。

月日は流れ、彼が転勤してしまう時が来た。
あのときは・・・、本当に凹んだ。
元々泣き虫の俺だけど、ことあるごとに涙が流れた。
こんなに悲しいなら、もう絶対に転勤族とは友達になってはいけないと本気で思ってしまった。

そして・・・

またもや大切な友が転勤して行く。
その彼は先の彼の部下で、出会いもまったく同じタイミング。
こやつもまたモンスター級の酒飲み。
酒を求めて日々開拓に命をかけている。
彼のおかげで今親しくさせてもらってる飲み屋や酒屋もあるな。
このモンスターが焼き鳥吉兆に出会ってなければ、先の彼との出会いも無かった。
さらに言えばヨメとの出会いも無かったわけで・・・

さらに、この繋がりでもう一人転勤が決まった友がいる。
かわいい顔して大酒飲み?の女の子。
俺たちが飲んでる店にひょこっと現れて、いきなり芋焼酎のお湯割を飲み干す。
続いて黒糖焼酎をロックで飲って、よせばいいのに日本酒にまでその触手を伸ばす。
ベロベロになってもいいはずなのだが、ケロッとしているあたりがすごい。
彼女に直接伝えたことは無いが、俺は彼女を「第二の酒飲み師匠」だと思っている。
彼女はこの秋に結婚が決まった。
彼女の家庭のエンゲル係数は、その大半が酒代になることだろう・・・;^ 。^;

そんな楽しい仲間たちが、俺の人生の大切な1ページを華やかに飾ってくれた仲間たちが、 ともすればすぐに死を想ってしまうつらい時期を支えてくれた仲間たちが、旅立っていく・・・

寂しい・・・

でも、だけど、しかし・・・、笑顔で送りたいと思う。
涙が出るほど寂しいけど、二人の新たなる旅立ちに涙なんか似合わないと思う。
いや、この記事を書きながら、今ようやくそう思えるようになった。

涙が流れるくらい大切な友に出会えて、本当によかった。
心の奥のほうから沸きあがるこの感情、とても心地良く感じてくる。

ありがとうって、世界中に聞こえるくらい大きな声で叫びたい

|

« お引越し♪ | トップページ | いのちのしずく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も先週は、断食のせいもあって、かなり情緒不安定になっていましたが、体重が減ったし、大好きな器を購入したりで、
あっという間に正常値。
立ち直りが早いです。
残された者同士、友情を深め合おうよぉー♪
ほらほら、恵那も行かなきゃだよ!

投稿: かすみ | 2006年9月 4日 (月) 16時54分

恵那、えぇな~(=^_^=)
行かなきゃ行かなきゃ!
ずえったいに行こうなぁ(^O^)<<<
今度うちにも遊びにおいで。
趣旨は変わっちゃったけど、MASAたこやろうよ!
KANちゃん親子も是非いっしょに!(^ ○ ^)!/

投稿: MASA | 2006年9月 4日 (月) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150409/3306972

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーハートメモリーズ(なんのこっちゃ・・・):

« お引越し♪ | トップページ | いのちのしずく »