« 風邪かな…? | トップページ | 現場便り »

酒蔵見聞録~こだわりの蔵・長珍

ようやくメンテナンスが終わり、ほっとしているMASAです。
そして、ようやく予告を実現できる喜び・・・

さて、先日の日曜日のこと。
愛知県は津島市の長珍酒造さんにお邪魔いたしました。
実は飲食店向けの酒蔵見学を富屋酒店さんが企画したもの。そこにひつじ屋店主のノムさん(以前の記事)(さらに以前)が潜り込ませてくれたのです。

Img_1064_web 江戸時代後期創業というだけあって古式ゆかしきたたずまい。この雰囲気だけで俺はもう酔っ払ってしまうのです。
で、この蔵の6代目・桑山雅行氏のナビゲートで厳かにツアーがスタートしました。
蔵人であると同時に経営者でもある桑山氏のお話は心に染み渡ります。儲けを考えるのは経営上必要不可欠なことのはずなのに、それよりも品質にトコトンこだわるその姿勢に深く感動。「大した利益は出ていない」とのこと。ハイ、では頑張って長珍のお酒を飲ませていただきます!!

Img_1070_web右の写真、画面右側の建物はなんと江戸時代の蔵。今でも建物だけは現役で使用しています。さすがに酒造りは多少近代化されてはいますよ、はい。
俺たちが最初に入ったのは昭和の蔵。
でも、これも江戸蔵に負けず劣らずって感じの・・・、古さ。

Img_1072_web酒造りの過程において、桑山氏が もっともこだわる蒸米。
麹作りよりも、酒母作りよりも、そしてもろみ醗酵よりも、蒸米なのだそうです。
ここに釜を乗せ、蒸気で米を蒸す。
すると、内柔外硬(中はモチモチ外はパリパリ)の蒸しあがり。
あ~、酒になる前に食べてみたい・・・
ちなみに燃料は重油だそうです。

Img_1074_web

酒蔵にはお約束の松尾様を発見しました。
でもここの蔵、いたる所に松尾様のお札を貼っていらっしゃいました。
そのご利益のほどは、一度ここの酒を飲んでみればわかるというもの。
松尾様に愛された蔵であることは疑いの余地なし!!と俺は勝手に思っております。

Img_1076_web麹室です。
左側の木机に蒸米をのせ、麹菌を振り掛けて混ぜ合わせます。
そして、右側の木箱で粛々と麹米が育つわけです。
この日は殺菌中でした。
ここの扉を開けてくださったこと自体が驚きと感謝!!

Img_1081_webImg_1083_web右側のタンクには、今まさにお酒が眠っています。-4℃という温度の中で粛々と熟成され、俺の口に入るのを待っているわけです。
その名も「長珍生生熟成5055
山田錦をメインに、美山錦を掛け米にした、超贅沢な熟成酒。
瓶詰めも手詰め!
パイプを通した時の劣化を避けるためだとか。
酒蔵でしか飲めないお酒を提供したいという桑山氏の意気込みの表れがこの酒だと俺は思うわけです。

Img_1102_webさて・・・
その5055がいよいよ俺の喉を通る瞬間です。
この日頂いた長珍銘柄
純米大吟醸無濾過生酒(しんぶんし40%)
純米吟醸無濾過生酒(しんぶんし50%)
純米吟醸 生生熟成5055
純米 阿波山田65%無濾過生
純米吟醸 うすにごり生(new)
特別純米

これがどれをとっても美味いのなんの!!
期待の5055(17BY)は期待を裏切らない!!!
至福。この一言に尽きます。
すべての銘柄を燗でも頂きましたが、そもそも繊細な味わいのラインナップにちょっとしたパワーが加わり、舌の奥のほうに絶妙な好印象。
中でもうすにごりの燗はおもしろかった。
このうすにごりの残りを帰りにお土産でゲット!!(ノムさんがお願いしてくれました)
最高の酒に絶妙な取り合わせのおつまみ。
チーズが日本酒に合うということを長珍のお酒で知りました。
写真を撮り忘れましたが、もろこ寿司も実に美味でした。

こうして至福の時はあっという間に予定を2時間オーバー。
飲食店の皆さんと共に過ごしたこの日を、俺は一生忘れないでしょう。

最後に、桑山氏の酒に対する妥協しない姿勢を物語る話を。

ある参加者がこんな質問をしまいた。
「今まで酒を造ってきて、それに点数をつけるとしたら何点?」
桑山氏「低いですよ」と一言。
参加者「それでも自分を褒めたくなるような出来栄えの時もありませんか?」
桑山氏1回もないです

これには驚きました。
俺はド素人ながらも日本酒の味にはチョピットうるさい。
長珍はそんな俺を納得させるにあまりあるお酒です。
とにかく美味い!旨い!上手い!!
でも、それでも・・・・
桑山氏にとってはまだまだなのだ。
酒造りに対しての妥協の無さに、俺は心地よい感動と心からの感銘。
写真を創る者として、心底見習いたいと思ったのです。

ご快諾頂いたので、締めくくりに桑山夫婦のスナップを。

Img_1106_web 本当にありがとうございました!!!

|

« 風邪かな…? | トップページ | 現場便り »

お酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいなあ、見学。行ってみとーごじゃいます。
人は上を見つめて歩まんと向上は無いというう事ですかね。

投稿: あんどれ | 2006年10月19日 (木) 22時44分

>あんどれ
うん、上を向いて歩くのみだね。
自分の仕事に妥協してしまう自分の心との戦い。
あんどれも一度一緒に桑山氏に会いにいこまい!

投稿: MASA | 2006年10月19日 (木) 22時51分

きゃ~~すごい素敵にかいてくださりありがとうございましたm(__)m
私も最後にうつっていてびっくりΣ(゜ロ゜;)!!しました・・・
写真でみると、私自身もここどこ???って感じに思えます・・いつもみているところなんですけど・・(*'-'*)エヘヘ

投稿: kimikimirinrin | 2006年10月20日 (金) 00時35分

〉kimirin様
レスポンス早!
ご確認頂きありがとうございます。
どこかに間違いがないか、少しヒヤヒヤ(^_^;)
MASA的表現でのレポートですので、乱文については平にご容赦下さいませ。
(≧▽≦)ゞ

投稿: MASA | 2006年10月20日 (金) 10時06分

ご無沙汰しております(^o^)久々にコメントさせてもらいますね! 念願?の酒蔵見学が果たせて良かったですね~"^_^" 瑞穂の富屋さんに思わず反応してしまいまして。実はその昔、私が勤めていた会社(酒の問屋)のお得意様ではないですか~。毎日のように注文電話をしていたから。懐かしい~。
  MASA君は本当に、お酒が好きなんですね♪ 

 

投稿: kan☆ko | 2006年10月21日 (土) 11時23分

>KANちゃん
わぉ!KANちゃん、久しぶり~\(^0^)/
しばらく会ってないなぁ・・・
かすみっちもだけど。
あ、かすみっちには今日会えるんだった♪
へ~、酒問屋にお勤めだったんだ。ちょっと感動。
その時のエピソードなど、今度ゆっくり聞きたいっす。
近々またみんなでぱーっとやろまい\(^ ◇ ^)♪♭/

投稿: MASA | 2006年10月21日 (土) 11時35分

今日も励ましのコメントありがとうございますm(__)mMASAさんはカメラマンさんなのですね・・・幼稚園児のかわいい子供たちと仕事できて幸せですね~~うちの子たちの幼稚園のころもかわいかったな~~って思う今日この頃です・・・

投稿: kimikimirinrin | 2006年10月22日 (日) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪かな…? | トップページ | 現場便り »