« きょうはここまで苦味に挑戦した(BlogPet) | トップページ | ミラクルしゅん君 »

今この瞬間

実際にはまだ起きていない辛い出来事を、あたかもそれが現実に目の前に展開されているかの如くリアルに想像して、その中にドップリ浸り込みつつ「あぁ、どうしよう、俺はなんて不幸なんだ…」と思い悩むのが得意な俺(*_*)

『現実』とは、未来には存在できない。
もちろん過去にも。
今この瞬間にこそ存在するものこそが『現実』

夕べ、ネットサーフィンしていた時にハッとさせられる言葉に出会った。
「昨日死んだ人がどうしても迎えたかったであろう、今日という日」

過去にとらわれず、未来に悩まされず、目の前に確かに存在する『現実』をしっかりと見据えて、今日という一日の、『今、この瞬間』に、命を燃焼させるが如く…
そんなふうに生きる。
そうでなきゃ、昨日死んだ人に失礼じゃないか。

GOD BLESS ME!!

|

« きょうはここまで苦味に挑戦した(BlogPet) | トップページ | ミラクルしゅん君 »

心の声」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

土曜日にダンナのおばあちゃんが亡くなりました。

89歳でいわゆる『大往生』なんだけど、やっぱり今日という日を迎えたかったんだろうなぁ。。。

今、ダンナの実家から帰ってきてこの瞬間までそんなこと思わなかったんだけど、まさくんの日記読んであまりにもタイムリーだったのでそんなことも思ったりしました。

いくつで亡くなっても亡くなる瞬間まで「もう少し生きたい」と人は思うのかもしれない。

投稿: みぃ | 2007年6月25日 (月) 22時58分

>みい様
まずは謹んでお悔やみ申し上げます。
89歳の大往生、大変すばらしいことだけど…
やっぱり人の死というものは悲しいよね。

先日ギネスブックに認定されたご長寿の老人に「何歳まで生きたいか?」と質問質問。
すると…「死にたかないわなぁ」と答えたそうです。

すばらしいことだよね。
見習いたいものだ・・・。

投稿: MASA | 2007年6月26日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうはここまで苦味に挑戦した(BlogPet) | トップページ | ミラクルしゅん君 »