« かかってこいや内視鏡!!! | トップページ | 竹鶴 »

映画版アヒルと鴨のコインロッカー

切ない。
この一言に尽きる。

久しぶりに自宅でゆっくり映画を見た。
伊坂幸太郎作品は最近頻繁に映像化されている。
『陽気なギャングが地球をまわす』は大沢たかお主演。
『死神の精度』は金城武主演で近日公開。(楽しみ♪)
で、この『アヒルと鴨のコインロッカー』は濱田岳・瑛太主演。

原作は昨年すでに読んでいた俺。
これが映画化されると知った時には「何をバカな」と否定的な立場だった。
文字で綴られた作品だからこその面白さが伊坂小説にはあり、事実『陽気なギャング』は映画を見て相当ガッカリした。
しかし、今回は違った。
原作との描写のギャップは否めないが、見事に原作を生かし切って、読後感同様の心地良さを与えてくれた。
神様を閉じ込めたくなった。

伊坂ファンの方にもそうでない方にも、オススメです。

俺と一緒に本屋を襲いに行きませんか?
そして、神様を閉じ込めに行きませんか?

|

« かかってこいや内視鏡!!! | トップページ | 竹鶴 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おっDVD出たのか。作者の故郷の仙台で撮影されたんだよな。そのあたりで違和感ないかも。
風に吹かれて♪聞きたくなった。DVD借りよっと。

投稿: ひら | 2008年2月 5日 (火) 09時15分

>ひら様
是非見てください。
賛否両論だとは思うけれど、原作の基本的なプロットは崩れていないから、原作を読んだ人でもあまり違和感を感じないと思います。
また感想など聞かせてねm(__)m

投稿: MASA | 2008年2月 6日 (水) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かかってこいや内視鏡!!! | トップページ | 竹鶴 »