« 容疑者Xの献身 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

冬の夜長のひとりごと

今夜は家でひとり酒。
銘酒・亀齢純米生を、利きぢょこではなく敢えてコップに満たして、ひとりゆっくりとPCに向かっている。

さてと。
冷静な自己分析でも書いてみるか。
冷静かどうかは別として。

ここのところ、いつもの波が来ている。
このブログにも度々書いているが、いわゆる鬱状態だ。
忘れた頃にやって来るこの波。
いつも通り、理由がまったく思い当たらない。
2月20日に書いた詩にもあるが、探せばなにか出てくるだろう。
しかし、キリがないと思う。
辛いと思うことを並べたてたら、益々鬱になってしまうだろう。
ひとつやふたつじゃないのは明らかだし。
それに俺が辛いと思うことは、他の誰かから見れば大したことじゃないことのほうが多いようにも思う。
だから、理由など無いに等しい。

この心の波、いつもなら数日で抜けるのだが…
今回はもう10日?にもなる。
この10日の間に「あっ、復活できそう」という時もあった。
にもかかわらず、いまだ胸の奥深くに砲丸投げの鉛玉を抱え込んでいるような重苦しさがある。

この状態は俺にとってはけして珍しいことではない。
そのうち気がついたら元気になっている。
軽い鬱状態のベテランな俺。
なのだが、今回はちょっと困っていることがある。

妙に怒りっぽいのだ。

俺は基本的に他人を攻撃(口撃を含む)するようなタイプではない。
誰かに何かムカつくことを言われても、敢えて口を閉ざすことを心掛けてきた。
抑えきれない激情を御することこそが俺の美学だった。
「言いたいことがあるのなら言ったほうがいい」鬼ヨメにいつもそう言われる。
しかし、考えてもごらんなさい。
言いたいことを言うということは、同時に相手を傷つける可能性もはらんでいる。
傷つけないように配慮しながら言えばいいか?
それはもうすでに「言いたいこと」ではなくなっている。無意味な言葉遊びだ。
だから、「伝えたいことがあるのなら伝える努力をする」ことこそが大切なのだ。
そんな風に考え、そして行動してきた俺だが…。制御不能になりつつある。
事実、昨夜鬼ヨメを鬼退治しそうになったのだ。
床を叩きつけ、声を荒げて怒鳴り散らしてしまった。

昔、俺は瞬間湯沸かし器だった。
ちょっとしたことで着火し、周りに火の粉を降らせていた。
相手を傷つけることで、自分のプライドを保っていた。

そんなあの頃の自分には、もう戻りたくない。

軽い鬱状態。
でも、この怒りっぽい状態は勘弁してほしい。
今夜、ひとりで良かった。
俺の一番身近にいる鬼ヨメが、最大の被害者だろう。
本当に申し訳ないと思っているのだが、イライラは募るばかり。

さぁ…
そろそろ立ち上がろうよ、俺。
あわてる必要などないけど、ゆっくりでも立ち上がろうよ。

潜りに行ければ、きっと簡単に治まるんだろうな。
まるで母体の羊水に抱かれたような、あの心安らぐ浮遊感。
繁忙期&貧乏期は、俺の心の透明度をいとも簡単に悪化させる。

あ、あれ?
ひょっとして、それが原因か?
経済的に貧しいと心も貧しくなる?

GOD BLESS MEcoldsweats01

|

« 容疑者Xの献身 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしはプチ鬱2週間続いたコトあるよ。
だいじょーぶ!必ず抜け出せるから(^。^)

最近のわたしのキーワードは『怒ってもしょーがない』
腹が立つことがあっても『怒ってもしょーがない』と唱えるとちょっと落ち着きます。
まぁ ほんとうに怒れることに遭遇したらそんな悠長なこと言ってられないかも・・なんだけどね(~_~;)

投稿: みぃ | 2008年3月 1日 (土) 22時15分

みぃ様
そっかぁ。みぃさんも戦友だねhappy01good
まぁ、軽い鬱なんてものは誰にでもあることだろうし。
とはいえ、その状態に陥ると結構つらいものdown
誰にでもあるからOKということではないなぁ…
でも、戦友から「大丈夫だよ」と言われると、なんだか大丈夫になるからありがたいup

『怒ってもしょうがない』
この呪文、試してみますwinkpaper
ありがとうsign03shine

投稿: MASA→みぃ様 | 2008年3月 2日 (日) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 容疑者Xの献身 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »