« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年9月の記事

エキサイティングCEBU ⑤

長ーくひっぱりましたがいよいよ…weep



2本目が終わり、ショップへ帰って昼食。

ふと見ると、スコールの予感・・・
Dsc02411 て言うかスコールでんがな。

こりゃいかんということで、急いで乗船!

ポイントに着くまでに考えられないくらい沢山の稲光thunderthunderthunderを見ました。

南国のスコールはスケールが違うshock




3本目は飛行機airplaneを見に行きます。

沈んでるんですよ、飛行機が。



ダイブ№35 2011年8月21日
ポイント名:セブ・マクタン島 タンブリ




まぁご覧あれ。

M0010887 ね。飛行機。ぶれてるけどcatface

M0010891_2 ね。飛行機なんだよ。

M0010903 これならわかる?

M0010895 飛行機の中。

Dsc02413 イントラさんに撮ってもらいました。コックピットより愛をこめてscissors


飛行機のすぐ隣りのサンゴの中に生物が…

M0010899 サクラコシオリエビ

この写真じゃまったくわからないね、すんませんsweat01



ここで昨年同様、カメラのバッテリーが切れましたwobbly




Dsc02417 これ、クマノミなんです。
スパインチークアネモネフィッシュ
日本では見ることが出来ないクマノミなのです。
ちなみにこれ、イントラさんの撮影です

ほかにも色んな生物を観察し・・・

さて、そろそろ浮上。




潜水時間 38分
最大深度 25.1メートル(Av.13.9メートル)




長らくお付き合い頂きましてありがとうございました。

最後は急ぎ足になりましたが、ぼくがセブの海で感じた感動がほんの少しでも伝われば幸いなのですhappy01shine


自分で言うのもなんだけど、長かったなぁ・・・bleah

| | コメント (4)

エキサイティングCEBU ④

ダイブ№34 2011年8月21日
ポイント名:セブ・ヒルトゥガン島 ノースサイド


セブに行く前にイントラさんにリクエストしたんです。

「ロウニンアジの群れが見たい!」

2本目前のブリーフィング時に「さぁ、ロウニンアジを探しに行きましょう」

その言葉に血沸き肉踊りまくり!

あまりに興奮して、エントリーした途端にウェイトを落とし、迷惑をかけてしまいましたcoldsweats01



さて。

いざ!ロウニンアジ探し!!!

少し流れがあるのでドリフトダイビング。

ゆったり流されながら、まずはクマノミ鑑賞ですnotes

M0010827_2カクレクマノミ
ご存知ニモだよーheart04

M0010833 この写真が今回の一番のお気に入りです。

思いっきりローアングルでノーファインダーで撮りました。

イントラさんのアドバイスのおかげですgood



おや?

砂地にはこんなのもいました。
M0010815 ヤマブキハゼ
目がサッカーボールみたいでしょsoccer


そしてお約束のふと見上げると・・・
M0010836 俺はこういうシーンがたまらなく好きなのだupup

このあたりでイントラさんが手招きする。

スレートに文字を書いてる。「ロウニンアジの気配がします。ゆっくり進みましょう。」

俺たちバディにはその気配とやらがまったくわからん。

イントラさんには特殊な力が備わっているのか?

首を傾げながらもゆるーく流れていくと・・・

またまたイントラさんが、今度は大きく手招き。

その手が指す先を見上げると!

M0010844 わー!ついに出たー!ロウニンアジだぁぁぁぁぁsign03

写真ではとてもわかりにくいけど、全長1メートルはあろうか。

成魚は1.8メートルくらいになるんだ。

それが群れをなしている姿は圧巻!神々しくすらあるんだshine

もうそりゃ、夢中で撮りましたよcamerashine

夢中になりすぎて浮力コントロールどころじゃないsweat01

イントラさんが俺たちバディのフィンを掴んで、浮上しないように支えてくれていたのに気付いたのは、この写真を撮った後だったcoldsweats01

調子に乗って動画も撮りましたが、見ますか?

ホワイトバランスとかは突っ込み禁止catface



ふぅ。

この後はもう、あんまり記憶にない…。

ここからさらに流れて、こんな写真撮りました。

M0010853

M0010854 ↑この写真はなかなかのもんでしょhappy01

M0010855_2 ほんとにバラエティ豊かなセブの海。

M0010863 ハナビラクマノミもいたねnote

M0010858 またツバメウオに会えましたlovely


この後イエローフィンバラクーダにも会えたのですが、遠すぎてうまく撮れなかった…weep



こんなエキサイティングでファンタスティックな2本目でしたhappy02notes



潜水時間51分。

最大深度13.3メートル(Av.7.1メートル)



浮上直前にイントラさんがゴマモンガラという凶暴な魚に追われていたのにはちょっとビビったbomb





次回、ついに完結!飛行機がなぜここにsign02




え?まだ続くの?とか言わないよーにgawk

| | コメント (0)

エキサイティングCEBU ③

さぁ、ちょっと先へ進みましょうdownwardright

ツバメウオpiscesに遊んでもらったあとは。。。

M0010746 ドロップオフ沿いに少し落ちます。

ふと見上げると・・・

M0010748 断崖絶壁に魚が飛んでいますup

イントラさんが水中ライトで何かを照らしてくれています。

M0010749 ニチリンダテハゼ

よーく見ないとわかんないけど背びれが日輪になってるよsun

M0010754 角度が悪くてわかりづらいねbearing
あまり近寄ると穴に隠れちゃうから・・・



あ、またもやイントラさんが何かを見つけたみたいだよflair

おや?なんじゃこりゃ!
M0010758 カイカムリSP(こう見えてカニ)

南の海には面白いやつがいるもんだねーhappy02



お!ツバメウオが追いついてきた!!!
M0010767 美しすぎて言葉もないheart04

M0010775

クマノミがいたよーnotes
M0010785_3白1本線だからハマクマノミだねnote指を近づけたら噛まれたcoldsweats01

M0010790 サンゴ礁には小魚がいっぱい!

M0010798 この綺麗な水色はデバスズメダイ

M0010792_2 黒い子はリュウキュウスズメダイ?
黄色い子はヤマブキスズメダイ

M0010795 そして写真撮影中camerashineのイントラさんnotes

M0010802 こんな子もいました。ヘラヤガラ 英名をトランペットフィッシュというんだってflair


こうして50分間の夢の時間はあっという間に終了。

残圧80で浮上しました。

MAX深度 17.8m(Av.6.6メートル)のまったりダイビング。



この後船上でのんびり休憩。

でも、じっとしていられない俺は、休憩中に素潜りなどしてこの海を満喫しておりましたwave



次回!ついに出た!ロウニンアジの群れ!お楽しみにbleah

| | コメント (2)

エキサイティングCEBU ②

ダイブ№33 2011年8月21日
ポイント名:セブ・ヒルトゥガン島 サウスサイド



一緒に行った上司とともに、期待に胸をパンパンにして、いざ!エントリー!

ザブーン!!!wave

早速潜行です。
M0010720
水温が29℃と少々高めのため、プランクトンが多い。

なので透明度はあんまり・・・sweat01

だが!そこはやっぱり海のクオリティが違う!punch

M0010721 小魚の乱舞。とにかく魚影が濃いpiscesギョエーuplovely
M0010722 レッドチークアンティアス。赤い涙のお魚さん。

もうこのあたりで感動に浸っておりますweep

そして・・・

M0010727出ました!ツバメウオsign03水族館でした見たことないhappy02notes

M0010743 群れております!ミカヅキツバメウオ、群れで登場!

M0010735 おもむろにエサを取りだすイントラさん。すると・・・

M0010737 こうなるわけですsmile

M0010738
水面が美しい・・・

M0010739 魚が集まりすぎて訳が分からなくなっておりますtyphoon

M0010741
そんな状態の中でこんなん撮れましたcameraflair



さぁ。

もう少し深場に行ってみようかdownwardrightdownwardrightdownwardright



まだまだ感動の1本目はつづく・・・ bleahてへ 

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »