カテゴリー「心の声」の56件の記事

写真のチカラ

mixiのプロフィール写真を久しぶりに替えてみた。

超手前味噌だけどね。

例のフォトコンテスト入賞作品を臆面もなく使ったのだよ(^^ゞ 冬眠ダイバーだけどさ。 冬も終わったことだし、そろそろ潜って写真撮りたいなぁー。
という気持ちの反映でもある。 さて。 そんな流れでたまには写真の話でも。 カメラマン稼業をしていて、よく思うこと。 『楽しんで撮った写真とやっつけ仕事で撮った写真はやっぱり違うなぁー』 写るの。気持ちが。 1枚の写真が醸し出す空気感みたいなものが全然違う。 最近ワンコ写真を見る機会が増えた。
(そりゃもぉ、毎日のようにあちこちのブログで見てますよ) どの写真も共通して言えること。 愛があるね!楽しくてしょうがないんだねー♪ 例えば露出。例えばピント。さらにフレーミング。 写真を撮るのに必要不可欠な三大要素。 でも。 そんなことよりもっと大切ななにかが、俺が見せて頂いてる数々のワンコ写真に在るのだよ。 実に刺激的で気持ちいい!のだよ(^o^) 露出が多少アンダーでも。 ピントがあまくても。 多少ぶれていても。 その一枚に込められた気持ちがバシバシ伝わってくるような写真を俺は撮りたいなぁー(^^ゞ で、ここからが本題(枕なげ~よ( 一一))
とある集合写真。
何気なく撮った。
でも、とーっても楽しい気持ちで撮った。
その一枚が、ガン治療中の彼の手元に届いた時、彼は泣いた。
「早く元気になってまたみんなのところに帰りたい」
と、彼は男泣きした。
(crowママンありがと)

一枚の写真が『生きるチカラ』になった。

このエピソードは衝撃的だった。
俺は思いっきり往復ビンタを喰らったような気がした。

たかが写真。
されど…。

楽しく撮った写真にはチカラが宿る。写真のチカラ。

カメラマンとして、ちょっとだけ成長できるような気がした。

| | コメント (12)

偉大なるかな? 親と子の悲喜交々(ひきこもごも)

普遍的な真理

そんなもの存在しない

でも実は

ひとつだけ否定できないものがある

親子

どんなにあらがっても

それだけは

普遍的な真理

頑張って頑張って否定しても

それだけは普遍であり不変だよな。




| | コメント (1)

逃げるな!ってか?

逃げるな!一度逃げると逃げ癖がつくぞ!!(BY ドラマ救命病棟24時のシンドウ先生)



でもさ、逃げたくなる時もあるわなぁ、うん。

逃げてもいいじゃん。癖になるのはまずいけど。

逃げたくないときは逃げない。

逃げたいときは、ひたすら逃げる。

それでいいと思う。

要は逃げたくないと思えるかどうかだよな。




逃げろ!命を懸けて逃げろ!!(BY MASA (-。-)y-゜゜゜)

| | コメント (0)

道具は道具でしかない


言葉は道具

本当に伝えたいことほど

上手に伝わらない

言葉を超えた想いを伝える方法を

ぼくはまだ知らない

言葉を超えた想いを感じ取る感性を

ぼくはまだ持っていない

あなたの話を耳で聞くのではなく

あなたの話を心で聴くことができれば

もっともっとあなたとわかり合える

がんばるね

がんばるからね

| | コメント (0)

名刀になるには



刀は

何度も何度も熱せられ

何度も何度も叩かれて

強い刀になる



人間も

何度も何度も熱せられ

何度も何度も叩かれて

強い心になる



自分に負荷をかけないと

成長しないんだよ

| | コメント (1)

生きるということ

シリーズ化してるつもりはないのだけど
なんだか続いてますcoldsweats01
書きたい時に書きたいことを書くためのブログなので
こういうこともアリです。

今日、気づいたことがあって、
俺は忘れっぽいんで、備忘録として記しておきます。












人はなぜ生まれてくるのか。
否、俺はなぜ生まれてきたのか。

俺なりに色んな経験を経て、その問いに対する答えを持っている。
しかし!!!
今日気づいたことは、なぜか妙~に納得した。腹に落ちた。溜飲が下がった。
極めてシンプル。
シンプルすぎて、意味がわからない。
しかし、ドスンと響くのさ。不思議と。

人はなぜ生まれてくるのか。
否、俺はなぜ生まれてきたのか。

それはね、

生きるために生まれてくる。
生きたいから生まれてきた。


そこに意味などない。
ただひたすらに、どこまでいっても、理屈抜きで、誰が何と言おうとも


生きるために生まれてくる。
生きたいから生まれてきた。



なぜ自殺しちゃいけないの?と問われたら
俺は胸を張って答えることができなかった。
しかし、今ならこう答える。
生きるために生まれてきたのだから、自ら命を絶つのは重大なルール違反だ!
寿命が来たらどんなに生きたくても死ななくてはいけない。
それはあたかもロウソクはいつか必ず燃え尽きるのと同じさまで、
だから自分から炎を消し去るのは中途半端以外のなにものでもなくて・・・
自殺しなくてもいつかは嫌でも死ななきゃいけない時が来るのだから、自ら命の炎を消す必要などない!

という、とってもわかりやすお話。



生きるために生まれてくる。
生きたいから生まれてきた。




あるがままに、流れるままに、そのままに生きます。
そして、いつか逝きます。
その日が来るまでは、どんなにみっともなくても、生きます!

生きたいから。ただ生きていたいから。
意味なんかなくても、ただ生きていたいから。

| | コメント (0)

永遠の0 追記

この小説を読みながら

常に頭の中でリフレインし続けている歌がある。




さだまさし 「戦友会」 の中の一節を以下に記す。




銃弾に倒れた友の顔を忘れることなどできない。
あいつの分も、あいつの分もと
生きる思いは解るまい。




俺は今、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
もっともっと、生きることに貪欲でありたい。
生きるということにこだわって生きていきたい。
長い短いではなく、濃い薄いではなく、どんなにみっともなくても、あぁでもなくこぅでもなく、ただひたすらに自分を信じて生きて生きて生き抜く。










生きる。








| | コメント (1)

人間関係勉強中(^^ ゞ

俺が出会った全ての人に嫌われずに仲良く付き合っていくことなんてできないってこと、俺はよーく知ってる。ぐふふ。

だけども。

できることならみんなみんなに嫌われずに一生涯仲良く付き合っていきたいとは思う。えへへ。

しかしながら。

嫌われることを恐れるあまり自分の気持ちを誤魔化して自分自身に対する嘘つきになるくらいなら嫌われたほうがいいじゃん。ぎゃはは。

以上、人間関係勉強中のMASAでしたm(__)m

| | コメント (4)

懐中電灯ゲット♪

人生は、思い通りにならないからこそ価値がある。

この思考方法を教えてくれたのは、福島大学教授・飯田史彦氏です。
正しくは氏の著書「生きがいの創造」をはじめとした生きがい論シリーズです。

これは、俺にとっては大事件なのですよ、あーた。
例えば人生をトンネルだとすれば、「長い間真っ暗闇の中を歩いてきて、ようやく懐中電灯を見つけた」ようなもの。

人生は思い通りにならないことに意味がある。

あぁ、ビックリした。
そして安心した。

GOD BLESS ME!!♪

| | コメント (0)

行きましょう。生きましょう。

ここのところ、いつもの『心の波』に飲み込まれていたMASAです。
結局はいつもの素敵な結論に辿りつきました。

「今日という一日を死ぬ気で力いっぱい生きよう。死の覚悟を以て生に向き合おう。」

だから、

「細かいことはいちいち気にするな!言いたい奴には言わせておけばいい!」

で、

「誰かが自分をどう思うかよりも、自分が自分をどう思うか」

というわけで…

一生懸命生きて行こう!!
GOD BLESS ME!!♪

追記
初めてひげおやじの夢を見た。
ひげ無しおやじになって、いつもの店でニコニコしながら焼き鳥を焼いていた。
俺は鬼ヨメといつものカウンター。
彼はなんだかちょっと、心配ごとがあるらしかった。

うーむ…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧